Takashi Yoshikawa Blog

<< October 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
PROFILE
Takashi Yoshikawa
HIGHSCHOOLSINGER.jp
高校生シンガー募集中! http://highschoolsinger.jp/
LINKS
LIVE SCHEDULE

現在ライヴの予定はありません。

RECOMMEND
SEARCH
仮歌録り
今日もまたにゃんこを救出。
三度目ですよ。

仏の顔も三度までという諺があるが、二度ある事は三度あるとも申しまして。



一昨日、昨日と一匹ずつ増えたから今日はいよいよ三匹全員か!?と思ったら当然そんな事は無く、毎回落ちてるおばかさん一匹だけでした。


昨日せっかく穴を腐った三輪車で塞いだのに、その脇のホンマに子猫しか通れんような細いところをわざわざくぐり抜けて落下したらしい。


今日はいよいよ逃げるそぶりはみせるもののフーフー言わんようになりやがって、すっかり当たり前になってきてる感が否めない。


これから日課になるのかと思うと残念なよーなちょっと萌えるような。



さて。


今日は仮歌録りにスタジオに入ってました。


また雨でしたが何か。


これでここ最近のRecでは3回連続で雨。


たいがい前日までは大丈夫やったりしてね。


順調に記録を伸ばしております。


なんでやねん、と。



今回もいつもお世話になります、ELEPHANT GIRLのErina大先生にお願いしまして。


いつもはたいがい1コーラスとか1ハーフなんやけど、今回はフルコーラスで依頼。


得意のRecギリギリで曲送って仮詞まで仕上げてくれコース。


いっつも頑張って作ってきてくれるんよね。


いや、ホンマ助かります。



そんなこんなで今日も無事に録れました。


今日はちょいマイキングを変えてみたんやけど、前回以上にうまい事いきました。


マイキングと環境ってホンマ大事やなぁと再確認。


さぁあとは弦物と鍵盤系入れてミックスだわ。


とりあえず寝ます。



| 【吉川崇】 | 音楽家として | comments(0) | - |
ファイト一発!
100924_0000~02.jpg

エナジーチャーーージ!



してから数時間経ち、残念ながら今日は限界。



起きれてはいるけど、どうにも頭の回転が遅くなりすぎて煮詰まるにも程がある感じ。



もうこれ以上やっても知れてるので、やはり引き際は肝心。



それにしてもこのRedBullは始めて飲んだけど効き目はよく分かりませんでした。



やっぱりファイト一発と言えばあの小瓶のDな人じゃないと。



とか言いながら、一番よく飲むのはもっと小さいVな人やけどね。



眠気覚ますだけならメガシャキもなかなか良い。



なんでもええからオラに元気を。



というわけで寝ます。



(つ∀−)オヤスミー




| 【吉川崇】 | 音楽家として | comments(0) | - |
失敗は成功のもとと申しましてですね
100922_0107~02.jpg

昨日までで諸々の納品物は一旦落ち着いたけど、やる事はまだまだたくさん。

やる事と言うより考える事の方が多かったりもするが。

技術と知識の欲求はきりがない。

欲求と言えばあれもこれもどれもそれもアレやけど。


さて。


今日はすでに納品済みの曲を再ミックスしながらお勉強。

やる度に結果が大きく変わるのは気分もあるが技術にムラがある証拠。

良い方にだけ変わるならもちろんいいけどそうでもないから困る。


ミックスなんてホンマは専門の人に任して横から口出すだけにしたいんやけどね。


でもそうも言ってられん事がほとんどやから、ある程度自分でできるようにせなしゃーない。


とは言え、実際じっくり向き合ってみるとそれはそれでおもろいんよね。


曲作りが原作を書く作業としたら、ミックスは待望の実写化!的な。

そんな例えであってんかな。


2Dから3Dにする感じ。

パズルからレゴ。

2次元萌えキャラよりリアルおねーちゃん。

メイド喫茶からキャバクラ。



さて。



そんなこんなで本日のミックスは最低でした。



どないやねん。



ほなまたね。




| 【吉川崇】 | 音楽家として | comments(0) | - |
ふぁいとー
100915_0251~010001.jpg

またまた仮歌をElephant GirlのErinaちゃんにお願いしました。

私の都合によりRec前日の夜中にようやく曲を送り、1日足らずで覚えてもらって仮詞までつけさせたあげく、歌録りは深夜1時からという極悪非道っぷり。

そんな私の泣きのお願いに嫌がる事無く応えてくれた彼女に感謝。

お礼に熱い抱擁とアレから始まるあんな事やこんな事。



をする暇も許しも無く、Rec後さっさと帰宅いたしまして先程までMix作業。


どうにかこうにか無事納品。
〆切り今日やったんよね。


追われ過ぎやろ。


そしてー



また急ぎの案件が入ってるのでメガシャキを大量に飲みつつ頑張るですわよ。



見てらっしゃい

わたしまけませんわ




どないやねん



てか昨日もまたタイミング良く雨降ったんよね。


スタジオに行こうと家出たとたんにポツポツ→ザーッ


スタジオ着くころには止みまして。


Recしてスタジオ出る直前は降ってなくて「よかったー」なんて言うてたら、出た瞬間にポツポツ。


家に着く頃にはザーーーーーーーッ



アホか。




ほなまたね



| 【吉川崇】 | 音楽家として | comments(0) | - |
ふぃー
100914_0103~02.jpg

1曲バラードのストリングスとシンセ録りに夕方まで使ってしまい。

何とか完成したのでP様へ納品。


そっからもう1曲大慌てで作って。

どうにかこうにかラフはできたので今しがた仮歌のお願いでメール送って。

仮歌は明日録るんやけどね。

納期明後日なんやけどね。

久々に完全に押してます。

無茶振りをしてしまったみなさん本当にすいません。



やれやれ。



さぁギター練習するぞ。



ほなまたね。



| 【吉川崇】 | 音楽家として | comments(0) | - |
休憩中
100913_0043~010001.jpg

さぁいよいよ作業部屋が荒れてきた。

メモを取ったらそこらに置いて。
譜面書いたらやっぱりそこらに置いて。
ペンも黒やら赤やらマッキーやらがデスクに散らばって。
エフェクターがデスクの上にも下にも転がって。
使ったケーブル類はそこら辺にほりなげて。
仮歌録るのにマイクスタンド出したらそのまま。
アコギ録るのに別のマイクスタンド出してもやっぱりそのまま。
なぜかマイクだけはきれいにしまってある。

案件が詰まってくるとすぐこーなる。

朝から今までPCを酷使していたのでさすがにちょっと休憩。
こいつは絶対寿命短いやろうなぁ。
HDDもいつ死ぬか分からんからさっさとバックアップ取っとかないと。


どうにか1曲ある程度できたので、友人にピアノパートだけ依頼。
自分で弾いてもそれっぽくはなるけど、やっぱり本職に任せるのが一番。
ホンマいつも無茶言うてすいません。

そして今は2件同時に進めてるのでこれから一晩で一曲あげないと。



できるかな。

はてさてふっふー



ふぅ。



それにしてもこないだ買ったCD達はいつ開封できるのか。




ほなまたね。



| 【吉川崇】 | 音楽家として | comments(0) | - |
熱い想いが奇跡にかわる
100909_0151~02.jpg

今日は大雨で買い物は断念したけど、午後からスタジオで仮歌録ってました。

今回の仮歌は私がサポート参加してるELEPHANT GIRLのErinaちゃんにお願いしましてですね。

2、3日で歌覚えて仮詞まで書いて当日来てくれと得意の無茶な要求。
嫌がりもせず引き受けてくれたErinaちゃんに感謝です。
おかげでとてもいい感じに仕上がりまして無事納品を終えましたです。

やはりデモ作るにあたって、歌があると無いとで全然違う。

そして曲に合う声の持ち主に歌ってもらえるとなお良い。


幸い私の周りには女性シンガーが多く、みなさん文句無しに歌える方ばかりなので女性ものについてはかなり助かってる。

みなさんそれぞれ個性が違うので、どんな曲書いてもその曲に合った方にお願いできるのでホンマ贅沢な限り。

もちろん俺なりに色んなかたちでお礼をしています。
ただ今のところ体で返したことが無いのだけが残念。
みんな照れんでもええのに。


さて。


そんな仮歌Recの後はErinaちゃんと別れ、いつもお世話になってる与田さんのスタジオへ打ち合わせに。



そしていただきました。



100909_0152~02.jpg

どーん


こちらは何かと言いますと、あの名門『青山学院』の応援ソングというやつでして。

青山学院の卒業生皆様が、在校生に向けていろいろ応援しよう的な感じ。


で、同校卒のAyamiさんというシンガーの方が応援ソングとして作詞・作曲されたこの「夢の彼方へ」という歌の編曲を、やはり同校卒の与田春生氏に依頼いただきまして、この度お目見えと相成った訳でございます。


私は大学はおろかあれがアレな人間ではありますが、誠心誠意丹誠こめて手掛けさせていただき、その半分は優しさでできたような一晩寝かしたおいしさになったのではないでしょうか。

今回はAyamiさん始めみなさんが、青学の生徒はもちろん、多くの方に聴いていただければ〜という事でしたので、不肖私めもこの場を借りてご紹介させていただきました。

このCDは有志の皆様で作られたためにインディーズ扱いっぽい感じだそうですが、興味がある方はぜひお近くのCD屋か青山学院まで今すぐ電話。


うむ。
やはりいつもこうして作品としてあがってくると感慨深いものがある。
ちなみに編曲だけじゃなくもちろんギター弾いたし、ほとんどの楽器やりました。

駅伝とかで流れる日を楽しみにしてます。


ちなみに以下のサイトで原曲が聴けます。


■青山学院大学箱根駅伝応援オフィシャルサイト
http://www.alumni-aogaku.net/message/index.html


この原曲からけっこう離れたロックな感じにしてしまったけど、評判も上々という事で安堵しております。


少しでも青山学院の学生みんなの支えとなれば嬉しいです。


ほなまたね。



| 【吉川崇】 | 音楽家として | comments(0) | - |
<new | top | old>