Takashi Yoshikawa Blog

<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
PROFILE
Takashi Yoshikawa
HIGHSCHOOLSINGER.jp
高校生シンガー募集中! http://highschoolsinger.jp/
LINKS
LIVE SCHEDULE

現在ライヴの予定はありません。

RECOMMEND
SEARCH
iZotope Ozone4
101010_0221~02.jpg

夕方までに1曲仕上げて無事納品。

それからさっそく取りかかった別案件もどうにか仮状態までできたので一旦納品。

あとはピアノ差し替えて終了だわさ。


最近、iZotope Ozone4というプラグインを買いまして。
こいつは評判どおりとてもよいです。

基本的に自宅でデモ製作するだけなので、音質だ何だはそこまで気にしてなかったりしたのだが、案件によっては本チャンで納める場合もあるし、ある程度マスタリング的なものをする必要もあったりしてね。

個人的に、昨今の音圧合戦のようなパツンパツンな音は好きではないのだが、クライアント様によってはやっぱりその方が印象が良かったりもするのでやむを得ない。

マスタリング用のプラグインも山ほどあるけど、業界定番のWaves系はアホみたいな値段するし、何か無いかなーと探しててこのOzone4に行き着いた。

安いというのもさることながら、他のプラグインに比べてインターフェースがカッコいい。

それだけで惹かれるものがありますですな。

もちろん機能的にも俺程度の人間ならこれで十分満足。

プリセットも豊富やし、マスタリング素人の私でもそこから追い込めばそれなりに仕上がりますです。

そして軽い。これも重要。

これはなかなかおすすめです。


ただマニュアルが英語版しか無いらしいから英語苦手な人は気をつけて。


国内で買っても日本語マニュアルが無いという噂です。


本家サイトではマニュアルとは別に、かなり詳細なTips特集も組まれてたりかなり力を入れてる風なのだが、日本の代理店のM-AUDIOさんはもうちょい頑張ってほしい。



それにしてもせっかくの3連休やと言うのに雨やね。


明日は久々に外に出る用事あるのにな。。


なんで雨なんやろ。



ホンマたいがいにしてほしい。



ほなまたね。




| 【吉川崇】 | 機材 | comments(0) | - |
EBS MULTI COMP
100812_0028~02.jpg

こちらベース用の超定番コンプレッサー。

身近なとこではELEPHANT GIRLの杉ぽんも使ってるね。

前々からベース用のコンプが欲しくてね、いろいろいい機会なので購入。

まだ繋いでないけど、プロアマ問わず巷の評判もすこぶるいいのでまず大丈夫でしょう。


ギター用のコンプも買い替えたいんやよなぁー。


機材だけはホンマどうしようもないね。


さぁ練習練習。



ほなまたね。



| 【吉川崇】 | 機材 | comments(0) | - |
AmpliTube Fender
100719_0236~02.jpg

去年だかに発売されて話題になったIK Multimediaの「AmpliTube Fender」をついこないだ買った。

いわゆるアンプシミュレーターと言うやつですな。

最初、同じくIK Multimediaがつい最近出した「AmpliTube3」を買おうかと思ったんやけど、このFenderのやつは前から欲しかったし、これ買ってクロスグレードで3買う方が賢いなぁと思った次第でございます。

実際使ってみた感想は、巷の評判も確かにすこぶる良かったんやけど、これはギタリストの俺が使ってもうならされるものがある。

世界で唯一Fender社が公認したソフトと豪語するだけありますな。

もちろん本物のアンプと比べるとアレやけど、比べる事自体おかしな話で。

LINE6のPOD以降ハードもソフトもいろんなもんが出たけど、知らん間にこの手の技術も随分進化したんやね。

スタンドアローンでも立ち上がるし、アンプもいろいろ種類があるから仕事そっちのけでついつい夜中も遊んでしまう。

いいおもちゃを手に入れました。



購入も海外の本家サイトから。
円高なのかユーロ安なのかよく知らんが、日本で代理店挟んで買うより1万円以上お得。

そしてダウンロード購入なので手続きした10分後ぐらいには手元にあるという。


ホンマ便利な世の中になったもんや。


技術の進歩は時に弊害を生むこともあるけど、やはり便利なのはありがたい。


では明日も張り切って制作します。



ほなまたね。





| 【吉川崇】 | 機材 | comments(0) | - |
足下
100613_2348~010002.jpg

いつものバカでかいボードとは別に、もうちょい機動力のある足下を再構築中。

どーせやるなら気分変えようと、歪みを始めとするエフェクターも元のボードからははずさず、全部余ってたものとか新調したものとかでとりあえず並べてみた。

とりあえず並べてみたものの、いろいろ考えるとあれもいるな、これもいるな、とスペースがやっぱり足りんくなってくる。

買い足そうと思ったものもいくつかあるので、結局はみ出るな。。

機能の模様替えじゃないけど、これはこれでいつ落ち着くんやろか。



ほなまたね。



| 【吉川崇】 | 機材 | comments(0) | - |
ピック
ピックの種類を変えてみた。




『HISTORY』というブランドのやつでして。

数ヶ月前に友人の友人に楽器をいただいた時にケースに入っててね。

これがやたら弾きやすくてずっと探してたん。

どこの楽器屋にも置いてなくて、よくよく調べたら『HISTORY』というのが島村楽器さんのオリジナルブランドという事が最近判明しまして。

なので島村楽器さんにしか置いてないのです。


で、通販もやってたので大量に購入。


ちなみに今まで使ってたピック。



Gibsonの普通のやつ。

何がちゃうねんと思うかも知らんがよく見て。

同じオニギリ型やけど、厚みも違うのだがそれ以上に微妙にサイズが違う。






分かるかな。
あんま分からんかも。


やけどこの微妙な違いで全然変わる。


先っぽもGibsonのに比べてちょっと鋭角で速弾きもしやすく、かつオニギリなのでカッティングも余裕。

オニギリなピックもいろいろ出てるけど、この微妙なサイズというのは見た事無い。






今まではこんな感じ。






それがこんな感じ。


分かるかな。



ほら、耳かきでも深さ具合でぜんぜんちゃうやん。

爪切りとかも刃の角度でちゃうやん。


もっとええ例えは無かったんか。



なんしかよーやく満足いくピックに出逢えました。



さぁ頑張ってギター弾くぞ。



ほなまたね。



| 【吉川崇】 | 機材 | comments(0) | - |
KORG TRITON


うちで使ってるメインキーボードのKORG TRITON。
購入したのはもう10年ぐらい前やろか。

当時発売直後か何かでけっこうええお値段したこの鍵盤。
発表から10年以上経った今も愛用してる人は数知れず。

身近なとこでラウドヴォイス/エレガサポートのぢゅんも使ってる。

あいつのが壊れたりしたらたまに貸し出したりしてるんやで。
なのでエレガライブでも実は使われてたりするのです。

もちろんトイチで。


で、家で作業するのは打ち込みがメインやから、もっと小さいキーボードをPCの前に置いて普段はそれ使ってて、このTRITONはここ数ヶ月ケースにしまって弾いてなかったん。


でも最近またぢゅんに貸したり、某アーティストのアレンジで弾いたりする機会も増えたのでまたひっぱり出してきまして。


で、ピアノやらオルガンやら弾いてみるけど、案の定なまってる。


楽器は何でもそうやけどマメに弾いてないとまったくアカン。


鍵盤なんてもともとそない弾ける方じゃないのに、余計に無理。


でもやっぱやり始めると楽しいよ。


キーボードとくくってはみても、ピアノもあればオルガンもシンセも鳴らせるし。


MIDIでLogicに取り込んで、そこから今度は音作りに勤しんでみたり。



一日何時間あっても足らんね。




鍵盤も練習せなアカン。
ギターも練習せなアカン。
歌も練習せなアカン。
ベースも練習せなアカン。





でもこないだも書いたように、色んな楽器を演奏する事は悪い事じゃない。



その楽器の持ち味を理解する事で、アレンジの幅も広がるというもので。


一般的なPOPSのアンサンブルだけでも、

エレキギター
アコースティックギター
ベース
ドラム
ピアノ
オルガン
ストリングス
シンセ

などなど、オケだけでもこれだけ楽器が鳴ってる。
そこにメインの歌が乗り、コーラスが混ざり。

それこそ楽曲によってはブラスが入り、パーカッションが入り、とキリがない。



それなりにアレンジを手がけるなら、ある程度はやっぱ知っていたい。

もちろんそれを仕事にしてる人には到底敵わんけど、それなりに知ってるだけで、かたちにした時に各プレーヤーに伝えやすい。



とか言いながら、結局は楽器を演奏する事が単純に大好きなんよね。



ギターはもちろんの事、他の楽器ももっと上手くなりたい。



そしたらもっと世界は広がるやろうし。




さぁでも今は練習もさる事ながらまずはアレンジですな。


困った時は最終的に本職のプレーヤーを呼べばいい。



でもいずれはギター以外も自分でできるようになれば素敵やね。




時間が欲しい。




| 【吉川崇】 | 機材 | comments(0) | - |
買っちゃった
VOX Tonelab LE
渋谷をぷらぷらしてて、いつものように楽器屋へ行き、いつものように冷やかし。


・・・の予定が写真の機材を買いました。


ちゃうねん。
前から欲しかったんですね。




マルチエフェクター





今さら!?


と思うかも知らんけど、これがなかなかどうして便利。



今俺のメインの機材はなかなかのデカさで、状況によってリハに車とかで行かれへん時があったりすると大変。ちゅーか無理。


そんな時、バイクに積めたり、徒歩でも動けるような機材は重宝する。


もちろんコンパクトエフェクターをある程度揃えれば事足りたりもするんやけど、例えば新曲とか作ってる時に瞬時にいろんな音をイメージどおりに作れるというメリットもあったりして、最近何でもええからマルチエフェクターが欲しかったんよね。



今回購入したのはVOXが出した「ToneLab LE」ってやつ。

ちょい前にBOSSの「GT-8」とかZOOMのなんちゃらとか、やけにマルチエフェクターが流行った(?)時に、VOXからも「Tone Lab SE」っていうのが出ててそれの後継版なんかな。

VOXの特色は真空管が入ってんのよね。

最近VOXが出してる「COOLTRON」っていう歪み系エフェクターシリーズでも真空管を搭載してる。ちなみに「COOLTRON」シリーズの「Bulldog Distortion」は持ってます。エレガでは使ってないけどかなり大好きですな。


それにしても最近のマルチはすごいね。

個人的にはコンパクト単体並べて繋げる音のが好きやけど、昔に比べたらかなりええ音するようになってる。

POD以降、アンプシミュレーターの性能が上がりまくってるんやろうな。

ちなみに宅録ではBOSSのGS-10を使ってるけど、こいつもとりあえずな音出すだけなら十分使える。
ただ、パッチの切り替えにMIDIフットコントローラー使わなアカンからめんどい。ROLANDのFC-200持ってるからいけるっちゃいけるんやけど、音切れも激しいしね。。

まぁそんなこんなで、こういうマルチエフェクターが一つあると重宝する。
メンバー宅でプリプロとか、それこそインストアとかの小規模イベントならこれで十分。


あとVOXのマルチの素敵なとこは、VOXのペダルがついてるとこかな。

ホンマはSEが欲しかったけど(ペダルが2つついてる)、後継が出たせいかどこにも置いてないんよね。


ともあれ、また新しく遊び道具が増えたので当分暇つぶしができそうやね☆
| 【吉川崇】 | 機材 | comments(0) | trackbacks(0) |
<new | top | old>